スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪全裸ストリップ崩壊の過程 昭和36年

週刊アサヒ芸能 昭和36年7月30日号 787号

大阪全裸ストリップ崩壊の過程

ASA_S36_1.jpg

さる7月5日夜、大阪曽根崎署は、管内のストリップ劇場「天満座」「ナニワ・ミュージック」を急襲、全裸で踊っていた16人のストリッパーを”公然猥褻”の疑いで検挙した。これによって、大阪府下のストリップ劇場は、今年になって既に5館が手入れされたことになる。ところで、相次ぐ取締りによって音を上げたのが、劇場責任者で構成されている「大阪ちぶさ会」の面々。早速対策を協議したものの、これという妙案も浮かばない。なぜか?―”全スト王国”大阪の現状を見ながら「このままでいくと崩壊あるのみや」という不穏な発言の裏側を探ってみよう。

ASA_S36_6.jpg ASA_S36_5.jpg ASA_S36_4.jpg ASA_S36_3.jpg ASA_S36_2.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

F

Author:F
(´・ω・`)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。